2012年04月15日

PSP用市販ゲームソフトの違法ダウンロード入手について

今やPSPは、基本動作ソフトを簡単に改造してしまう方法を確立されてしまっています

しかし、そういう改造を行なってしまうと、メーカーはアフターサポートを一切行なってくれません
保証期間であっても、改造したことが判明したPSPには何もしてくれません
壊れたとしても絶対に修理もしてくれません

なので、PSPを改造してしまうと色々と損をします

基本動作ソフトとは、パソコンで言うOS=オペレーティングソフト/WindowsXPやMacOSなどに当たる、PSPでのシステムソフトウェアの事です
そのシステムソフトウェアを書き換える行為を、一般に「PSPの改造」と呼ぶそうです
SONYさんは、そういう改造を厳しく禁止しているのですが、PSPを改造したがる人は後を絶ちません

何故?

理由は、無料で市販ゲームソフトを遊ぶため、なのだそうです
海外にはトレントサイトという違法ファイルを配布しているサイトがあります。
違法ファイルというのは、ゲームソフトの場合では「ゲームソフトをデータファイル化して誰でも遊べる状態で配布されるファイル」という解釈でいいでしょう。
ゲーム会社が多額の資金を投資して制作したゲームソフトを、だれもが無料で手に入れれる状態にして配る行為を行うのがトレントサイトです。

でも、無料で配って儲かるの?
答え:トレントサイトは、ダウンロードされたら収入が入る契約をしているので、トレントサイト運営者は確実に儲かります
トレントサイトには噂が噂を産んで毎日かなりのアクセスがあり、ダウンロード収入でボロ儲け三昧です
配布するゲームソフトのホンモノを購入して吸い出し、あとはトレントで配布しています
警察やFBIもトレントサイトの摘発活動を行なっており、閉鎖されるサイトもあるのですが、かなりの数がありましてまだ全滅していません
日本にも海外のトレント配布情報を書いているブログが存在し、トレントサイトのURLと内容物リストを書き連ねているようです。決め文句は「違法ダウンロードはやめましょう」
そういうブログはやはり摘発されて閉鎖させられます

そういう違法配布ファイルを拾ってきて遊びたいからPSPを改造する、という人たち。学生に限りません
学生の人たちの言い分は、学校でゲームの話についていけないから、話題と同じゲームを所有して同じゲームの話をしたいから、お金使いたくないけどゲームは欲しい、とかで違法行為に身を染めてしまう・・・

学生さんて世間体を気にする人多いのねぇ・・・。

トレントサイトにはいろんな違法ファイルが置いてあり、ハシゴしてダウンロードしまくることになり、プロバイダーからダウンロードし過ぎだと警告を受けて罰金を支払わされます
更に警察に見つかり高額な罰金を支払わさせられたり刑務所に収監とかもありえます。前科者になります。
市販ゲームを無料で手に入れたいという軟弱な考えを実行すると人生が終わるのですよ?やめましょう

ちなみに、インターネット端末にはIPアドレスというのが割り当てられます。世界中に1つしかない「インターネットの住所」です。一般のサイトではアクセスログという情報を取得して保存しているので、トレントサイトのアクセスログを調べれば、IPアドレスから「誰がいつ、どのファイルをダウンロードしたか」という情報まで分かるようになっています。

ですから「自分は見つからないだろう…」と違法ダウンロードをやってしまうと、ダウンロード規制法違反で逮捕されます
タグ:ゲーム
posted by FUTABA at 23:05| Comment(0) | 市販ゲームソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。